井戸工事は実績のある専門業者に依頼しよう

作業員
手

井戸掘り作業の流れ

現在では井戸のある家は少なくなっていますが、畑用や非常用として井戸掘りを希望する人も少なくないです。井戸掘りは専門業者に依頼して行ってもらうのが一般的となっていて、実際の作業期間は数日から10日程度かかる事が多いと言われています。

井戸

井戸を掘るには

畑や家庭菜園をしている家庭は、多くの水を消費します。そこで、節約のためにも井戸を設置してみましょう。井戸工事では、地盤によって工事内容が異なるので、事前にどのくらい費用がかかるのか業者に確認をとっておくとよいです。

井戸

家庭で利用できる井戸

庭などでさく井工事を行なうと、地下水を生活に利用できるようになることから、水道料金が安くなります。井戸は、断水の時でも問題なく使用できます。業者は、地下水脈や地盤について調べてからさく井工事を行ないます。手軽に汲み上げができるようにポンプを電動のものにしたり、蛇口を屋内に取り付けたりもします。

井戸を掘る

いど

掘削工事の流れ

災害などで水道が使えなくなると水の確保に困りますが、家庭に井戸がある事によっていつでも水を使う事ができます。そのため井戸工事を業者に依頼して家庭に井戸を作るケースが増えており、井戸工事を専門としている業者が数多くあります。井戸工事で行われる掘削作業としては大きく分けて三種類の工法がありますが、回転する管にドリルの刃を取り付けて掘削する方法が一般的です。他の工法としてはロープの先端に重量のある刃を取り付けて、刃の上下によって切削する方法と、空気圧で刃を上下させて切削する方法があります。井戸工事を行う際の流れとしては、始めに掘削をおこなう場所に機械を設置して、振動や音を防ぐ対策を行います。機械の設置が終わったら掘削作業を開始しますが、空気圧によって掘り進める工法では、掘削を行いながら同時に井戸の管を作ります。目的の深度まで掘削が完了したら、次は地下水の通っている層を電気抵抗を測る設備を使用して調べます。地下水の通っている層が確認できたら、その層から地下水をくみ上げる装置を設置し、掘削で隙間ができている部分には砂利を入れます。掘削によって泥水が大量に溜まっている場合には、泥水を排出させて井戸に綺麗な地下水を誘導させます。地下水を井戸に誘導できたら、実際に井戸の地下水をくみ上げて、水質や周囲の井戸への影響を調べます。最後に掘削に使用した機械と周囲への振動や音を防ぐ設備を撤去して、井戸工事は完了です。